骨盤の歪みがもたらすデメリット

最近骨盤矯正などがすごく人気を集めています。骨盤が歪んでいるとどのようなデメリットがあるのでしょうか?骨盤に歪みがある場合のデメリットと体に起ってしまうデメリットをご紹介していきたいと思います。

まず骨盤が歪んでしまうのは、体のクセや習慣が毎日少しずつ積み重なって引き起こります。

骨盤は、生殖器や内臓をしっかり守る働きや、その他にも歩く際に上半身に負担がかからないようにしてくれたり、座る際にも負担がかからないようにしてくれる働きをしています。

骨盤は意外と、とっても大事な役割のある体の一部なのです。骨盤が歪んでいると体には様々なデメリットが生じてしまいます。

・O、X脚
・下半身太り
・足の長さが左右非対称
・長時間歩くと股関節が痛む
・便秘
・ぽっこりお腹
・猫背
・顔の歪み
・背骨が曲がる
・貧乳
・腰、背中の痛み
・首や肩の凝り

そして歪みが酷くなってしまうと、頭痛、肩凝り、股関節痛といった症状が出てしまうのです。

さらに女性の方は、骨盤が歪んでいると、子宮や卵巣などにも歪みが生じてしまい、女性ホルモンの分泌を妨げてしまう原因ともなってしまいます。生理不順にもなってしまう恐れがありますので特に女性の方は十分に注意して過ごすようにしましょう。

世界を変えたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です